キンキサイン株式会社はコロナ禍の最前線で闘う医療従事者の方々をはじめ、終息を祈るすべての方々を応援します!

ペットボトル再生・資源化推進―リサイクル事業で神崎郡3町と連携協定

弊社は、ペットボトルの水平リサイクルを進めていく連携協定を神崎郡3町を含む6者で締結いたしました。
これについて、新聞各社で報じられています。

2022年2月5日の読売新聞に掲載されました

ペットボトルに再生推進―読売新聞(20220205)

ペットボトルに再生推進

神河など3町 伊藤園と協定

ペットボトル再利用に向け協定を結んだ山名管理者(中央)ら(神河町で)=中播北部行政事務組合提供
ペットボトル再利用に向け協定を結んだ山名管理者(中央)ら(神河町で)=中播北部行政事務組合提供

神河、市川、福崎の3町は4日、家庭ごみのペットボトルを原料化し、再び飲料用に製造する「水平リサイクル」を進めていくための連携協定を、飲料大手「伊藤園」(東京都)などと結んだ。4月から事業を始める。
ペットボトルに再生すると、石油由来の原料からペットボトルを製造するよりも二酸化炭素の排出量が5割以上削減できるという。
3町でつくる中播北部行政事務組合によると、従来は分別収集したペットボトルを業者へ売却しており、衣服の繊維やシートなどに再生されていた。
協定は、3町と組合、伊藤園、ペットボトル製造・飲料製造「キンキサイン」の6者で締結。回収されたペットボトルを粒状に砕いた原料を、キンキサインがペットボトルに再生して飲料を詰め、伊藤園が関西地域で販売する。
この日、神河町内で関係者が集まり、協定に署名した。組合管理者の山名宗悟・神河町長は「脱炭素社会に貢献できる。ペットボトルの全量回収に向けて啓発を進めていきたい」と話した。
水平リサイクルについては、姫路市も昨年8月、伊藤園などと協定を結んでいる。

出典:読売新聞(2022/2/5)読売新聞記事PDF

2022年2月5日の神戸新聞に掲載されました

ペットボトル資源化推進―神戸新聞(20220205)

ペットボトル資源化推進

神崎郡3町と事務組合 飲料メーカーと連携協定

ペットボトルのリサイクル事業で連携協定を結んだ神崎郡3町と伊藤園、キンキサインの関係者=大河内保健福祉センター
ペットボトルのリサイクル事業で連携協定を結んだ神崎郡3町と伊藤園、キンキサインの関係者=大河内保健福祉センター

神崎郡3町と中播北部行政事務組合(神河町福本)は4日、飲料大手「伊藤園」(東京)、清涼飲料メーカー「キンキサイン」(姫路市)の2社と、ペットボトルのリサイクルに関する連携協定を結んだ。同組合などが3町の家庭から回収したペットボトルを、伊藤園が契約したリサイクル業者で再資源化。キンキサインが再びペットボトルにして飲料商品化する。
同組合などによると、神河、市川、福崎の各町で家庭から排出されるペットボトルは年間約50トン。現在は日本容器包装リサイクル協会を通じて業者に売却し、衣料品の素材などに再利用されているという。
ペットボトルのリサイクル化が進むと、石油など化石資源の使用量や二酸化炭素(CO2)排出量の削減につながる。伊藤園はキンキサイン本社第2工場(神河町福本)を通じて日本茶飲料を製造していることから、今回の協定を結ぶことになった。昨年8月には姫路市と同様の協定を締結している。
大河内保健福祉センター(神河町比延)で開かれた締結式では、同組合の管理者を兼ねる山名宗悟神河町長が「地域で資源を循環し、SDGs(国連の持続可能な開発目標)の達成やCO2排出量削減への寄与を期待する」とあいさつ。伊藤園の国枝保執行役員は「安定した製品作りとともに、プラスチックの循環や環境社会の構築に貢献したい」と述べた。(吉本晃司)

出典:神戸新聞(2022/2/5)神戸新聞記事PDF

コメント 商品に対するご意見・ご感想などをお願いいたします

タイトルとURLをコピーしました